あなたは何の専門家?

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の森田です。

皆様、「ミラサポ」ってご存知ですか?

中小企業庁の運営する中小企業・小規模事業者のサポートサイトで、
専門家が登録されていて、経営者は無料でサポートを受けられます。
https://www.mirasapo.jp/

専門家は国から謝金を受け取る仕組みです。

なので、この専門家派遣制度をドアノックにして、
企業の顧客開拓することが可能になります。

ここでいう専門家の定義は、「◯◯の専門家です」と自薦できればいいので、
税理士や社会保険労務士、中小企業診断士などといった士業でなくても、
キャリアコンサルタント含む各種コンサルも専門家として登録できるんですね。

企業領域で活躍したい方には、公的な専門家として認められている、
ということが信頼性アップ、ブランド力アップにもつながると思います。

ただ、ミラサポ等の専門家派遣制度(他に中小企業活力向上プロジェクトNEXT等)
の専門家登録って人脈がないと結構難しく。
というより、紹介がないとかなり厳しい。

なので、公的機関に登録してブランド力アップしたいと目論んでいた私としては、
どうやって紹介を貰おうか、紹介してくれる人を探そうかと考えていたものです。

そんなとき、ミラサポ専門家登録の審査会というものを、
知人の中小企業診断士たちが内々で行っていることを知りまして。
早速参加してきました。

結論からいうと無事に専門家登録できる段取りとなりましたが、
その審査会での審査基準、いわゆるお題がですね。

「1分間自己紹介」

というものでした。

自分は何の専門家で、中小企業・小規模事業者に何を提供できるのか?
企業領域で活躍する専門家として、どんな会社に貢献できるのか?

それを1分間で審査員にアピールする、というものでした。

自己紹介というのはとても大事なもので、それに付随する名刺作成と合わせて、
専門のコンサルがいるくらいです。

なぜならば、自分の価値を伝えることは、
相手に興味を持って貰うためにも、
相手から信頼を得るためにも、
相手にぜひお願いしたいと言われるためにも、
とても大切なことだからです。

タイトルにあるように、何の専門家か普段から言えるように考えておくことが重要です。
・相手の興味を引くフレーズ
・あなたの仕事概要
・あなたがなぜ選ばれるのかの理由

ちなみに、審査会での私の1分間自己紹介でのキャッチフレーズは、

「資金がない中小企業でもお金をかけずに理想の人材を採用できる、
 その名も【0円採用術】を提供している採用支援コンサルタントです」

9月に中野区産業振興センターで【0円採用術】セミナーを行いますが、
採用支援にご興味ある方がいれば協議会でも開催しようと思います。

「あなたは何の専門家?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です