withコロナのマインドセット

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の矢萩です。

まず、大前提として、
withコロナの生活は終わらないという考えが重要だということです。

仮にワクチンができたところで、
次の新型がいつ登場するか分かりません。

少なくともそういう事態を経験した私たちの世代は、
いつ次の「コロナ」が来ても大丈夫なように備える必要があります。

これは企業も個人事業者も同じです。

「たぶん大丈夫だろう」
「気合いで乗り切る」
といっている企業へ信頼が集まるはずもありません。

そこで、どうであれコロナのような状態が次に起こった時に、
問題なく事業を続けられるように準備する必要があります。

その際気をつけなければならないのは、
「プランAの場合、プランBの場合……」
と考えておくのではなく、

どのような状態になっても影響が出ないように、
しなやかで強い組織を作ることです。

イレギュラーの事態で強みになるのは、収益構造の分散と、
従業員・顧客との信頼関係です。

ICT化が鍵になるのは言うまでもありませんが、
ICTを事業の核にできない業態もあります。

あくまで、ICT化は収益構造の分散と、
従業員・顧客との信頼関係構築・維持のためのインフラだと、
とらえるのが良いと思います。

しかし、このインフラを強固にするのは必須です。

今、投資をする余裕があるのならば、優先すべきはここです。

多くの企業が「セキュリティ」や「ランニングコスト」を言い訳に、
未だICT化を避けていますが、それらの問題は今後技術的に解決していきます。

そして、それが解決してから参入したのでは手遅れになってしまいます。

私の周囲でも、結果として、
「コストカットに繋がった」
「新規顧客の獲得に繋がった」
という声も多く、私の経営している会社も例外ではありません。

コンサルタントとして関わるのであれば、
知識をつけることはもちろん、
自分で実践していること、
試してみることが問題解決へのアイデアに繋がりますし、
説得力にもなります。

大事なのは、
「今までやっていたことをそのままICT化するのではない」
ということです。

理念や哲学を変える必要はありません。
扱う商品やサービス自体を変える必要がない業種も多いはずです。

ただ、方法が変わるだけです。

そこを覚悟して日々アップデートしていくことが、
信頼にも繋がるでしょう。

では、また次回お目にかかります。

コロナ時代に、コンサルタントにできることは何か?

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の須田です。

年明けに、
「今年はオリンピックだから、夏は研修の仕事はないなあ!」
とか、
「オリンピックのチケットって、誰が当たっているんだろう?」
とか思っていたのが、嘘のようですね。

緊急事態宣言が延び、いつまで続くのだろう?
と不安な方も多いことでしょう。

私もリアルのセミナーは6月まですべてなくなり、
ZOOM面談と、企画会議に明け暮れています。

しかし街に出ると、レストランやスーパーなど、
規制の中で事業を継続するために涙ぐましい努力をされていて、
頭が下がるとともに、人間は強いと感じます。

私たちもこうしてはいられないですね。

しっかり考えて、新しい時代に役に立つものを作りたいと思っています。

さて、今日は私たちコンサルタントに何ができるのか?

そして私自身の強みについて考えてみたいと思います。

実は最近、2人の方に、同じことを言われまして、
改めて自分の強みについて感じたことをお話しします。

私には本当にいい友人が沢山いて、彼らが時々私に連絡をしてきて、
助言や励ましや喝をいれてくれます(笑)

2月末でしたでしょうか?
彼は年間200以上のセミナーに登壇する売れっ子コンサルタントで、
日ごろは滅多に予定が合わないのですが、コロナの影響で時間が合い、
また今のような自粛まではいかなかったので、
ソーシャルディスタンスをとってじっくり話しました。

彼は私を分析しだしました。

「須田さんって、アジャイルなんだよな・・・」

私の知るアジャイルというのは、IT用語で「素早い」という意味でしたので、
「まあ、せわしなく生きているのは確かよね・・・」
と自虐すると、彼は私にこう言いました。

「僕が言うのはそういう意味だけではないよ、
須田さんは抽象戦術で回りを巻き込むんだよ。

君が次々にプロジェクトを作り、失敗も重ねながら、
常に新しいものを作るのは、具体化しすぎないからだよ。

具体化しすぎると、人を巻き込むのは難しい、行動しにくくなるんだよ。

だからといって共感だけでは安心して満足してしまう。

その点、須田さんは抽象戦術で人を巻き込み、分解して、改善して、
そして新しいものを作るんだよ。

だから20代の人材会社の時から、目的はまったくぶれないけど、
目標は変わる、それは常に改善しているし、より良いものを目指しているから・・・」

新しいことを作るといっても、私に中では成功したという実感が全くなく、
常に失敗を重ねている気がしているので、ほめられたような、ちょっと
ディスられている気もしながら(笑)

確かに私は失敗が多く、挫折も多く、人とぶつかり、
でもそこから何かみつけて生きているような気がするのです。

これは生まれ持ったものだろうか?と改めて考えると、そうではない気がします。

私は幼稚園から短大までミッションスクールで育ち、
正しいことをいう人に囲まれて、自由に育ちました。

その後大手企業に就職し、3年で結婚退職。ここまではアジャイルとは
ほど遠い人生でした。

しかしひょんな事から派遣法前の混乱の人材派遣会社に入社し、
第1号コーディネーターになり、右肩上がりの時代を走り抜けました。

景気がよかったとはいえ、当時の人材業界は課題が多く、加えて
私が入社したA社は、新しいことを生み出すマシーンのような会社でした。

私は高い目標を達成してもほめてもらえず、
まだできると言われてもっと高い目標を掲げられて、25年間走り続けました。

この経験からアジャイルな生き方が身についたのかもしれません。

現状を常に改善し、そして自分より優秀な人をみつけ、
交流することで成果を出してゆく。

人材会社で学んだのは、人とつながることで、大きなことができる、
そのハブになるのがコンサルタントだということでした。

今afterコロナは見えません。

しかし、時を経て打ち勝ったとき、例えはよくないのですが、
まるで終戦のような焼け野原に経済業界はなっているかもしれません。

そんな中で求められるコンサルタントは、単なる評論家ではなく、
実践者としてクライアントの傷みが理解でき、

そして寄り添って泣くだけでなく、
未来に向けて、解決支援ができる専門家でしょう。

先日、90歳の母が、マスク作りのミシンを踏みながら、ぼそっと言いました。

「無力な90歳だけど、縁の下の小石の1つでもなってやろう。
そう思って生きている」

それを聴いて私は、
そうか、私のアジャイルは、経験だけではないのだな!

この母から受け継いだんだなあ、と思いました。

求められる日が来たとき、リベラルアーツは力になります。
その日まで、つながりながら頑張っていきましょう!!

不安に囚われないですむ方法の1つ

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の森田です。

最近の新型コロナウィルスの情勢は、不安を感じることばかりですね。

今回は、そんな不安はどこからやってくるのかを、
コンサルタントの立場で考えようと思います。

皆様は、
今の新型コロナウィルスのニュースを見て不安を感じますか?

感じる方が多いと思います。
私も正直、言い知れぬ不安感を覚えるときがあります。

毎日毎日、何人が感染した、何人が亡くなったとの報道が続き。

自粛しているのに集団感染発生。
そして感染爆発、都市封鎖されるのではと怯え。

それも日本国内だけでなく、海外のもっとひどい状況もニュースで見る。

そんなニュースを見ないようにしていても、どこか気になる。
自分や周りの大切な人がかかったらと思うと、見ずにはいられない。
テレビやスマホに首ったけとなってしまう。
そして、不安になる。

今はそんな状況だから、不安を感じないわけがない。

その通りです。

そして、
私たちはその不安がどこから来ているのかを、把握する必要があります。

なぜなら、
不安の理由を把握していないと、それがいずれ恐怖へと変わるからです。

①漠然とした不安

②顕在化した不安

③恐怖・・・パニック

④怒り・・・暴動・破壊

⑤悲しみ・・・後悔

と進む前に、不安の理由を確認しておきましょう。

不安を感じる理由の一つ。

それは、見通しが立たないからです。

不安は、見通しが立たないときに感じるものなのです。

新型コロナを例にあげると、

日本はいつ収束するのか、まだ誰にもわからない。
終わりがわからないので、私たちは不安を感じているのです。

逆に考えると、
見通しさえあれば、私たちは不安を感じることがなくなります。
終わりがわかれば、私たちはそこまで不安を感じることはありません。

あとは、終わりに向かって物事を進めるだけですからね。

これは仕事でも、コンサルティングでも同じです。
目的や目標といったゴールが見えるからこそ、安心して仕事ができます。

そこまでの道のりを構造化して、順番を考えて、
一つひとつ確実に終わらせていけばいいのですから。

とはいえ、
まだ国からいつ収束するかという科学的根拠のある指針はなく、
収束したと宣言している国も発生地含めてないことから、
見通しが立たないと思います。

なので、
こんなときは、

抱えてもしかたない不安にフォーカスするのではなく、
受けられる支援を最大限に活用しながら、
終息後の展開を考える時間にできたら良いですよね。

そのために、一つご提案。

新型コロナウィルスに関する様々な情報を収集して、
自分で思考しつつ、ある程度の見通しを予測する。

キャリアコンサルタント風に言えば、
今後の展開を見立ててみるのはいかがでしょうか?

見立てというモノサシが全くないと、今のご時世不安しかありません。
見立てという判断基準が全くないと、グタグタコンサルになります。

ぜひ、一度様々な情報を収集し、分析してみて、
この先を見立てることで前に進んで頂ければと思います。

それまでの行程を細分化して進め、例え状況が変わっても、
タスクごとに柔軟な対応をしていけば、そこまで強い不安は感じない。

はずですよね?

+寄り添いが合わされば、安心感も得られますね。

まずは、終息後の目標設定からいきますか。

「この新型コロナウィルスが終息したとき、
 あなたは何を手に入れていますか?」

では、これからも非常事態が続きますが前向きに乗り越えていきましょう。

潜在意識を引き出す方法

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の矢萩です。

今回は、1/25に協議会会員向けセミナーで扱ったレゴについて、
お話ししてみたいと思います。

最近ではsteam教育が注目を集めていますが、
その中で最も難しいのがARTです。

アートは抽象力や読解力、
共感力やコミュニケーション能力を身につけるために必要なパートですが、
教える側がアーティストでなければなかなか本質的な実現が難しい。

その上、受講者側も、絵を書いたり、音を出したりというのは、
ハードルが高くて抵抗がある人も多く、
なかなか必要な人にその学びを届けるのが難しい側面があります。

そこで、注目したいのがレゴを使ったワークです。

レゴは初めて触った人でもほんの少しのスキルビルディングで造形できる、
参入障壁がとても低いアートツールと言えます。

手と脳は直結しています。

物を作る過程での手の動きが脳へのフィードバックを起こし、
潜在意識を形にしながら自己理解を深めていくことができます。

そのことに気づいたピアジェの一番弟子、
数学者で発達心理学者のシーモア・パパートが提唱したのが、
「構築主義」という考え方です。

パパートの理論で最も注目すべきは、子どもだけでは無く、
大人も手を動かすことで成長するというものです。

そのパパートの理論を下敷きに開発されたのが、
LEGOSERIOUSPLAYというメソッドです。

NASAやGoogleをはじめ、日本でもトヨタや日立など多くの企業で、
研修やチームビルディングに活用されていますが、
僕が提唱したいのはコンサルティングへの活用です。

クライアントは、自分の潜在意識を言語化できていないことが多く、
みなさんもそれを言語化するために、傾聴し、問いを立て、
あるいは職場に入ってヒアリングや対話をされていると思います。

しかし、言葉にならない問題を言葉にすることは容易いことではありません。

そこで、レゴブロックを使うことで、
比較的短時間で潜在意識を可視化することができます。

自分が作った「作品」をよく観察することで、
問題の根源にある自分軸を発見することもできます。

コンサルタントがうまく問いを立て、ナビゲートすることで、
対話だけでは腹落ちしなかった「もやもや」の受容にも効果的に作用します。

実際にセミナーで体験して頂いた方はよく分かると思いますが、
言葉で考えるとどうしても「整合性」が気になって、中々手が動かなかったり、
キレイにまとめすぎたりしてしまいます。

大きな理由は、言葉には文法があるからなのですが、
レゴ程度に自由度の高い表現であれば、
そういう細かいことを気にせずに「とりあえず」作って、
あとから意味付けをすることができます。

そこにこのメソッドの力があります。

レゴに限ったことでは無いですが、様々なメタファーを用いて問題の核心に迫る方法は、
これから益々注目されていくと思います。

ぜひ、一度LEGOSERIOUSPLAYを体験して頂き、
ご自分のコンサルティングにエッセンスを加えて頂ければと思います。

では、非常事態が続きますが前向きに乗り越えていきましょう。

事例は現場で起こっている!!その3

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の須田です。

私は音楽大学で、招聘キャリアカウンセラーとして、
音楽の教員やキャリアセンターと連携して、
音大生のキャリア支援を行っています。

出会いは5年くらい前になるでしょうか?

臨床心理士の先生が私のセミナーを聴いてくださり、
「音大生には未来を聴けるカウンセラーが必要」と考え、
道を開いてくださいました。

スタート当初、音大生のキャリアは、私にはまったく未知の世界でした。

しかし、カウンセリングを続けるうちに、
ある大学生との共通点があることに気が付きました。

直近の美大生の支援に酷似していたのです。

音大生は卒業後、多くの人はさらなる高みを求めて留学や進学、
またはピアノの先生など、音楽と関わる生き方をしていきます。

中には、経済的な事情や、自分の人生を音楽だけで終わりにしたくない!
という思いで、一般の就職を志す人もいます。

しかし、音大には一般就職の情報もノウハウも少なく、
授業やレッスンをしながらの就職活動は本当に大変なのです。

意を決して町のグループディスカッションセミナーに参加すると、
一般大学の学生に押されて、劣等感の塊になって私のところにきます。

私はまず話をじっくり聴きます。
安易に励ましたり、教えたりしません。

それは逆効果だからです。

代わって、
「あなたのこと、教えて?あなたの楽器のこと教えて?」
と話します。

すると、素晴らしいリソースがたくさん出てきます。

音大生は努力の塊です。
5歳から毎日5時間、自分を信じて、
しかし、自分の下手さ加減と向き合いながら戦ってきた人たちです。

ピアノの先生を3回変えても猫ふんじゃったしか弾けない私にとって、
尊敬の対象です(笑)

話をじっくり聴くことで、ダイヤの原石が光りだします。
観察力、コミュ力、リスクヘッジ、体調管理、根性、やりぬく力、
などなど・・・沢山リソースが見えてきます。

これらの力を欲しがらない企業が果たしてあるのでしょうか?
一般企業にも音大生は即戦力なのです。

先日、大手生保の人事からこのようなことを聴きました。
「須田さん、うちは音大生と体育大生しかとらないのよ、なぜだかわかる?
 商品説明がうまいからよ。小さいときから1つのことを続け、
 習うことを続け、だから習う人の気持ちがよくわかるのよ」

なるほど・・・。
現場は面白い!!そう感じて、今日も越境キャリコンを続けています。

ではまた次回!!

あなたは何の専門家?

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の森田です。

皆様、「ミラサポ」ってご存知ですか?

中小企業庁の運営する中小企業・小規模事業者のサポートサイトで、
専門家が登録されていて、経営者は無料でサポートを受けられます。
https://www.mirasapo.jp/

専門家は国から謝金を受け取る仕組みです。

なので、この専門家派遣制度をドアノックにして、
企業の顧客開拓することが可能になります。

ここでいう専門家の定義は、「◯◯の専門家です」と自薦できればいいので、
税理士や社会保険労務士、中小企業診断士などといった士業でなくても、
キャリアコンサルタント含む各種コンサルも専門家として登録できるんですね。

企業領域で活躍したい方には、公的な専門家として認められている、
ということが信頼性アップ、ブランド力アップにもつながると思います。

ただ、ミラサポ等の専門家派遣制度(他に中小企業活力向上プロジェクトNEXT等)
の専門家登録って人脈がないと結構難しく。
というより、紹介がないとかなり厳しい。

なので、公的機関に登録してブランド力アップしたいと目論んでいた私としては、
どうやって紹介を貰おうか、紹介してくれる人を探そうかと考えていたものです。

そんなとき、ミラサポ専門家登録の審査会というものを、
知人の中小企業診断士たちが内々で行っていることを知りまして。
早速参加してきました。

結論からいうと無事に専門家登録できる段取りとなりましたが、
その審査会での審査基準、いわゆるお題がですね。

「1分間自己紹介」

というものでした。

自分は何の専門家で、中小企業・小規模事業者に何を提供できるのか?
企業領域で活躍する専門家として、どんな会社に貢献できるのか?

それを1分間で審査員にアピールする、というものでした。

自己紹介というのはとても大事なもので、それに付随する名刺作成と合わせて、
専門のコンサルがいるくらいです。

なぜならば、自分の価値を伝えることは、
相手に興味を持って貰うためにも、
相手から信頼を得るためにも、
相手にぜひお願いしたいと言われるためにも、
とても大切なことだからです。

タイトルにあるように、何の専門家か普段から言えるように考えておくことが重要です。
・相手の興味を引くフレーズ
・あなたの仕事概要
・あなたがなぜ選ばれるのかの理由

ちなみに、審査会での私の1分間自己紹介でのキャッチフレーズは、

「資金がない中小企業でもお金をかけずに理想の人材を採用できる、
 その名も【0円採用術】を提供している採用支援コンサルタントです」

9月に中野区産業振興センターで【0円採用術】セミナーを行いますが、
採用支援にご興味ある方がいれば協議会でも開催しようと思います。

「あなたは何の専門家?」

事例は現場で起こっている!!の続き

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の須田です。

今の時期に企業を回ると、オリンピックで交通機関やその他影響があるので、
例年7、8月の研修を9月にやりたい。
そう言われることが多く、9月は忙しくなりそうです。

皆さまの現場はいかがですか?

さて今回も、現場の事例を取り上げて、リアルな話をしたいと思います。
前回の続きになりますが音楽大学でのキャリアコンサルティングの事例をお話しします。

私がこの大学に招聘されて、招聘キャリアカウンセラーになったのは5年前。

きっかけは臨床心理士の先生が私のセミナーを聞いてくださり、
音大生には未来を聴くキャリアカウンセラーが必要だとおっしゃってくださったことでした。

そうなんです。
過去を分析するだけではなく、ミライを想像する事はなかなか一人ではできないのです。

そこから5年。
ビオラの奏者の先生と、キャリア支援課のカウンセラーと連動しながら、
キャリアコンサルティングを行っています。

ある日のこと。
ピアニストが泣きながら、私の部屋を訪れました。

彼女は3年生。
ピアニストになるのではなく、一般企業に就職し、安定して働き、
親に恩返しをしたいと考えていました。

そこで早めに就活に動き、他の大学で行われたグループディスカッションセミナーに参加したのです。
お題は「学生と社会人はどう違うか?」。

そこで彼女は他大学生にこう言われたそうです。

「音大生なんて、好きなことをやってきただけだろう?
 社会に出たら、好きなことなんてやれない。やるべき事をやるんだ。
 だからいままでやってきたことなんて、役には立たない!」

彼女は言い返すことができず、その後はまったく発言できなかったそうです。

悔しいというより、「確かにそうだな」と思い、
そうなると自分に自信が持てず、学校に戻り、
ピアニストを目指してキラキラ生きている仲間を見て、益々自信がなくなった。

眠れない、食べれないが続き、
心理士の相談を受けたら、私の事を聴き、半ば絶望しながら来てくれたわけです。

私はこう思いました。
音大生はここまで半端でない努力をしてきた。5歳から毎日5時間の練習。
それを乗り越えた人がここにいる。
彼らの忍耐力や自分の明日を信じる力は必ず社会に出て生きるはず。

そこでこう学生に言いました。
「そうなんだね、でも彼はここまで1つでも努力して続いたことありますか?
って、今度あったら聞いてみたら?音大生はミライに向いて、あきらめずにここまで来て、
そしてその結果観察力やチームワークを身につけた。
そういう力が社会に役立たないことなんて、あるのかしら?」

その後、ワークショップで「音大生が音楽から得たものは何か?」というワークをしましたら、
すごく沢山のチカラが視覚化できました。
それ以降、音大生のキャリアデザインや自己分析で必ずこの事例を話しています。

学生の体験から、私たちキャリアコンサルタントが学ぶことはたくさんあります。
現場はそんなことを多く教えてくれるので、
昨日と今日のカウンセリングが同じなんてことは一度もないというのが私の実感です。

毎日寒いですが、春は近い!!そんなことを思って、頑張っていきたいと思います。

目標設定のやり方と達成のコツ

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の森田です。

さて、年明けという区切りが1ヶ月前にあったわけですが、
皆様はもう2020年の目標は立てられたでしょうか。

キャリアコンサルタントによるキャリアコンサルティングしかり、
中小企業診断士による経営コンサルティングしかり、
避けて通れないのが目標設定です。コーチングでもそうですね。

自分はどうなりたいのか?何を達成したいのか?

自分自身が日頃から実践していなければ、実のあるコンサルティングは難しいでしょう。
となると、この年明けのタイミングこそ、実践のいいタイミングですね。

原田メソッドで有名な原田隆史氏曰く、
メンタルトレーニングの世界では、目標やゴールは4行で書きます。

1行目、「私は」
2行目、「何年何月何日までに」
3行目、「◯◯◯◯を達成します」
4行目、「ありがとう」

順に解説しますね。

1行目で「私は」と書くと、覚悟が決まります。
私事と脳も認識します。

2行目で「何年何月何日までに」と日付を入れると、イメージが具体的に見えます。
ここでは新年の目標ですから、最長1年、できれば3ヶ月後とか近いといいですね。

3行目で「◯◯◯◯を達成します」と明確にしておくと、結果を客観的に判断できます。
周囲の人も手助けしてくれたり、応援や支援を貰うこともできます。

4行目で「ありがとう」と感謝の気持ちが湧いていると、達成した気分を味わえます。
そして、さらに周囲の人から助けて貰えたり、励ましを貰えるでしょう。

ただ、これだけだとちょっと味気ないですね。

ここはキャリアコンサルタントらしく、感情を大事にしたいところなので、
わくわくする前向きな感情表現を入れてみましょう。

わくわくとは、目標達成したときに感じられる自分の気持ちや感情と、
他者や社会への貢献です。

例えば、
「私は、2020年12月31日までに売上1,000万達成します。ありがとう」
「私は、2020年12月31日までに売上1,000万達成し、クライエントが思い描いたキャリアを歩め、
自分の仕事に対する誇りに満ち溢れています。ありがとう」

後者の方が、より応援したくなりますよね。
また、込められた感情がハッキリしていると、自分のモチベーションを高めやすいです。

で、こうやって目標を設定したら、次にやることが、
周りに公開する、です。

メルマガでも、ブログでも、Facebookでも、口頭でも、何でも良いです。
たくさんの人に公言しましょう。
私たち人間は怠け者ですから、自分を追い込み仲間から応援も貰うためにも、
大きな声で言ってしまいましょう。
それが設定した目標を達成するコツです。

なので、私の2020年の目標をここに明言しておきます。

「私は、2020年12月31日までに紙媒体での商業出版を達成し、
キャリアコンサルタントの認知向上と協議会の会員増に貢献して、
長年の夢を叶えた達成感を味わっています。ありがとう」

リベラルアーツとプランニング

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の矢萩です。

さて、2020年の計画はもう立てられたでしょうか。

コンサルティングをする際に避けては通れないのがプランニングです。
当然、自分自身が日頃から実践していなければ、実のあるコンサルティングは難しいでしょう。

今回はプランニングについて考えてみます。

あまり細かくスケジュールを立てることに向いていない人や組織もあります。
また、長期に渡る計画を早く立てすぎることにも向いていない場合もあります。

詳細にスケジューリングすれば、考えることは減りますが、
機械的・作業的な働き方になりがちで、余白が少なくなってしまいます。

また、長期計画は、方向転換の自由度が減ってしまい、時流に取り残されてしまう恐れがあります。

インフラの変化や、それに伴う世代による価値観の変化が速度を増している現在において、
そのような「昭和型」「平成型」の働き方が通用する業界はどんどん減っていくと考えられます。

そこで最近話題になっているのが「ティール組織」や、
IT業界で浸透しつつある「アジャイル」等の働き方ですが、
これらは、いかに計画を柔軟に立てることができるかが鍵になります。

簡単に説明すると、
リアルタイムで目的や方法を調整しながら計画を進めていく、
「メンバーを信頼して、走りながら考える」
といったプロジェクトの回し方です。

契約型の業務提携やアウトソーシングではなかなかに難しい方法ですが、
まさに時代に即した「令和型」の働き方モデルの一つだと言えそうです。

ではそれらの働き方で重要な視点は何かというと、
やはり、

「リベラルアーツ」

ということになります。

仕事や働き方を自由にしていくためには、
当然言語を中心としたコミュニケーションが必要になります。

リベラルアーツを構成するおよそ半分は言語的な教養や知識技術です。

ルールや仕様の調整・変更も然りで、言語的な合理性が問われます。
全てのステークホルダーとの合意形成をしながら進めていくためには、
起点となる信頼だけでは足りません。

継続して情報をやり取りする中でプロジェクトと共に、
信頼関係もアップデートしていく視点が重要です。

そのための素養と言えるものの総体がまさにリベラルアーツだとも言えます。

つまり、リベラルアーツと効果的なプランニングは両輪となります。

もちろん、コンサルタント側に教養があることは必須ですが、
クライアントの組織自体がどの程度柔軟な計画に適合できるリベラルアーツを持ち合わせているかを測ることも必要です。
それによってその組織で効果を出せるプランは変わってきます。

そのような「目利き」がこれからのコンサルタントの武器になります。
そのためにもまずは自らのリベラルアーツを日々アップデートしていく姿勢と方法が鍵になります。

リベラルコンサルティング協議会は、
そのような直近の未来を見据えて、
みなさんと一緒に新しいコンサルティングを開拓していければと考えております。

事例は現場で起こっている!!

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の須田です。

冒頭から、またしても賛否両論になりそうなのですが、
私はロープレを評価していません。無駄とは言いませんが。

確かに試験に受かるまでは大事。
なぜなら試験の相手は演じているわけですし、
試験は必ずインテイク、初回面談と決まっているから。

でも現場は、目の前にいるのは心が動いている生身の人。

直前に大切な人を亡くしたかもしれない。
夢破れてここにきたのかもしれない。

だから面談は想定外の連続。
傾聴→見立て→方策の実行、とシステマチックにはいかないのです。

ですから日々の現場では、クライアントから学び、
自分のやり方を過信せず他のやり方はなかったのか?
クライアントにどのような効果があったのかを、
とても大事にしています。

2019年、私が越境キャリコンをした現場は、

まず1月に、ロボコンによく出るIT系の高等専門学校。
男子が多くまだ10代です。

彼らはとても元気でITに詳しいけど、世の中は全く知りませんでした。
社会の話を私がすると、目をまん丸くして聴きます。
代わりにロボットの話を教えてもらいました(笑)
未来はアンビリバボー!!

それから栄養士の学校。
ここの生徒は18歳から60歳までのため、キャリアといっても一律の話ができません。

高校を出て栄養士を目指す人、他の仕事からのキャリアチェンジ等々。
従ってテキスト説明を途中でやめて、栄養士の仕事研究や、現場の種類、
メリット・デメリットを一緒に考えました。

そして、失われた20年の非正規世代と中堅企業との交流会。
まず求職者を集めて働くことを考えてもらい、
来てくださる企業のメリットを研究していきます。

興味をもっていただくのが大事ですが、
彼らからは、メーカーもIT企業も、みな同じに見えます。

ですので、同日の昼休み。
登壇企業の人事を集めて、雇用市場の話と、
ヤング世代の心のつかみ方を話します。

このように、双方のモチベーションをあげたところで、出会わせます。
私はここからはでしゃばらずに、双方の様子をハラハラしながら、
会場の片隅で見ます。

時々求職者が質問に困り、私の方を見ます。
私はテレパシーを使って、
「大丈夫!聴きたいことを聴こうよ!!」
と伝えると、不思議に求職者は息を大きく吸って、
自分の言葉ではなし始めるのです。

まるで父兄参観・・・。
子供のいない私は、この瞬間をこの上なく幸せに感じます。

次に経済大学でセミナー。
理論的なので、受け狙いの授業でなく、論理的に、
かつ事実を入れながら話すと、すごくメモをとりながら真剣に聞いてくれます。

締めは音大。
・・・音大の話は盛り沢山なので、次回にお話ししたいと思います。

1月だけで、このような現場を体験しました。
そのケースが引き出しとなり、キャリアコンサルタントの実践の指導に
生きています。

2019年は出会いの年でした。
2020年はもっともっと、みなさんに近づいてお仕事をしたいです。