不安に囚われないですむ方法の1つ

こんにちは。
リベラルコンサルティング協議会の森田です。

最近の新型コロナウィルスの情勢は、不安を感じることばかりですね。

今回は、そんな不安はどこからやってくるのかを、
コンサルタントの立場で考えようと思います。

皆様は、
今の新型コロナウィルスのニュースを見て不安を感じますか?

感じる方が多いと思います。
私も正直、言い知れぬ不安感を覚えるときがあります。

毎日毎日、何人が感染した、何人が亡くなったとの報道が続き。

自粛しているのに集団感染発生。
そして感染爆発、都市封鎖されるのではと怯え。

それも日本国内だけでなく、海外のもっとひどい状況もニュースで見る。

そんなニュースを見ないようにしていても、どこか気になる。
自分や周りの大切な人がかかったらと思うと、見ずにはいられない。
テレビやスマホに首ったけとなってしまう。
そして、不安になる。

今はそんな状況だから、不安を感じないわけがない。

その通りです。

そして、
私たちはその不安がどこから来ているのかを、把握する必要があります。

なぜなら、
不安の理由を把握していないと、それがいずれ恐怖へと変わるからです。

①漠然とした不安

②顕在化した不安

③恐怖・・・パニック

④怒り・・・暴動・破壊

⑤悲しみ・・・後悔

と進む前に、不安の理由を確認しておきましょう。

不安を感じる理由の一つ。

それは、見通しが立たないからです。

不安は、見通しが立たないときに感じるものなのです。

新型コロナを例にあげると、

日本はいつ収束するのか、まだ誰にもわからない。
終わりがわからないので、私たちは不安を感じているのです。

逆に考えると、
見通しさえあれば、私たちは不安を感じることがなくなります。
終わりがわかれば、私たちはそこまで不安を感じることはありません。

あとは、終わりに向かって物事を進めるだけですからね。

これは仕事でも、コンサルティングでも同じです。
目的や目標といったゴールが見えるからこそ、安心して仕事ができます。

そこまでの道のりを構造化して、順番を考えて、
一つひとつ確実に終わらせていけばいいのですから。

とはいえ、
まだ国からいつ収束するかという科学的根拠のある指針はなく、
収束したと宣言している国も発生地含めてないことから、
見通しが立たないと思います。

なので、
こんなときは、

抱えてもしかたない不安にフォーカスするのではなく、
受けられる支援を最大限に活用しながら、
終息後の展開を考える時間にできたら良いですよね。

そのために、一つご提案。

新型コロナウィルスに関する様々な情報を収集して、
自分で思考しつつ、ある程度の見通しを予測する。

キャリアコンサルタント風に言えば、
今後の展開を見立ててみるのはいかがでしょうか?

見立てというモノサシが全くないと、今のご時世不安しかありません。
見立てという判断基準が全くないと、グタグタコンサルになります。

ぜひ、一度様々な情報を収集し、分析してみて、
この先を見立てることで前に進んで頂ければと思います。

それまでの行程を細分化して進め、例え状況が変わっても、
タスクごとに柔軟な対応をしていけば、そこまで強い不安は感じない。

はずですよね?

+寄り添いが合わされば、安心感も得られますね。

まずは、終息後の目標設定からいきますか。

「この新型コロナウィルスが終息したとき、
 あなたは何を手に入れていますか?」

では、これからも非常事態が続きますが前向きに乗り越えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です